【コース番号:19057】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1 コース名 称:ITLS-ACCESS第18回北総コース (1日コース)
         (アメリカ救急医学会認定)
2 日 時:平成26年9月20日(土)
3 場 所:日本医科大学千葉北総病院
     〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
4コース管理:長谷川和俊(鹿嶋南部広域消防)
5コース担当責任医師(CMD):高橋 一昭(医療法人社団蛍水会名戸ヶ谷病院)
   コース運営担当者 (CC):桧垣勝美(成田市消防本部)
            (SCC):小島大輔(印西市消防本部)
6 受講予定者:16名程度
8 指導スタッフ: 12名程度
(1)インストラクター :8名程度
(2)プレインストラクター: 4名程度



【コース番号:19058】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1 コース名 称:ITLS-ACCESS第19回北総コース(1.5日コース)
         (アメリカ救急医学会認定)
2 日 時:平成26年9月20日(土)13:00〜17:30(座学)
9月21日(日)9:00〜15:00(実技)
3 場 所:日本医科大学千葉北総病院
     〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715
4コース管理:兼崎陽太(支部コーディー)
5コース担当責任医師(CMD):須田高之(水戸済生会総合病院)
   コース運営担当者 (CC):桧垣勝美(成田市消防本部)
            (SCC):小島大輔(印西市消防本部)
6 受講予定者:16名程度
8 指導スタッフ: 12名程度
(1)インストラクター :8名程度
(2)プレインストラクター: 4名程度



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ITLS Access

ITLS-Accessコースとは、現場の評価から患者搬送までの系統立てた活動と、最低限の資機材を使用して効率よく、迅速に救助する事を目的とした、交通事故に特化したコースです。救助工作車などに積載されている最新の資機材が到着するまでの間、何もせずに待つのではなく、助けを求める要救助者を少しでも早く医療機関に搬送するために、先着した救急隊や消防隊で何とかしたい、という考えから生まれたコースで、アメリカでは2004年に最初のコースが開催されています。日本では2008年7月に茨城県でアメリカのインストラクターを招いて開催した第1回コースを皮切りに全国各地で開催されています。
 午前中は講義、午後は実車を使用したスキル指導、傷病者への必要な処置、救出の優先順位を決定するトリアージなど、救急隊、消防隊だけでなく、現場の最前線で活躍する救助隊に対しても、基本的な現場の考え方、指揮統制などを整理出来る内容となっています。
 最新のスキルを指導するのではなく、現場活動をする上で土台となる、現場や傷病者評価の基礎知識がメインとなっていますが、受講した後はきっと皆さんの現場への意識が変化すると思います。

 ITLS-Accessインストラクターは皆さんの受講を心よりお待ちしています。





アクセスのテキストが発売されてます。!(^^)! (現在発売中、)


Advanced Course Instructor Course ITLS-top Pediatric Course Instructor Room UpdateCourse